トップへ Site
map
about
ANGELIQUE
Gallery History Speech! BBS Ange・
Freak
Favorite link
Garelly
画像をクリックすると別窓が開き、原寸表示されます。
   
カントー
 カントー in art nouveau

 彼女の目にはまだ夜ごとに天使のように眠り込んでいた丸い頬をした小さなカントーのように見えるのだった。
 アカディアの魔女 下巻・第三部 欲望のポート・ロイヤル より

16歳のカントーです。私の中ではカントーはいつまで経っても天使ちゃん♪幼さを残しました。
ちょっと漫画チックなイラスト…
カルメンシータ
 カルメンシータ

 「あなたがもうわたしを愛していないのは、わかったわ」
 はだしの女侯爵 上巻・第二部 トゥールーズの結婚 より

カルメンシータ怖すぎ…。
はじめ髪型はストレートをイメージしていたのですが、結局木原漫画版のカルメンシータに似せた髪型にしました。

クアシバ
 クアシバ

 ペイラック伯爵は、まだ若かったころ彼をバーバリ地方から連れてきて、自分の知っているすべてを彼に教えたのだった。
 カタランク砦の女神 上巻・第三部 ウォパッソー より

学歓宮時代をイメージして。
下絵ではつのだ☆ひろ似、完成したらエディ・マーフィーの「星の王子ニューヨークへ行く」みたいになってしまいました。
デグレ
 デグレ

 狭い路地を抜けていくあの橋の…パッと稲妻のように名前が浮かぶ。デグレ。
 氷の都ケベック 下巻・第十二部 国王の親書 より

アンジェリクのいないパリの寒空の下、鼻水をすするデグレ(^^;
管理人のデグレイメージはこんな感じの骨太男です。
オノリーヌ
 オノリーヌ in art nouveau

 自分の髪をイロコイ族の形にしようとし、幼いトーマを口説いて手伝わせたのだった。
 カタランク砦の女神 下巻・第四部 脅威 より

イロコイ族になりたかったオノリーヌ。オノリーヌはいわゆるモヒカン頭にしてしまったようですが、 イラストにすると誰だか分からないので、髪を伸ばしました。
いつもの三倍時間がかかった…オノリーヌ成長し過ぎですね。
アンブロワッサン
 アンブロワッサン

 彼女からの贈り物、少なくとも一度は彼女の素晴らしい肉体という贈り物によってつなぎとめられているのだった。
 アカディアの魔女 下巻・第五部 セント・ローレンス湾の犯罪 より

えっちなイラスト?!描いていてなんだか悪いことでもしている気になってしまいました。
下絵からパソコン上に直接描いているので、全身になると顔が小さすぎて描きづらいんです。(言い訳)
レスカトール  仮面の奥 ―レスカトール―

 「あの連中に知られると思っただけで、そんなに身をふるわせるほど、過去を恥じているのか?」

 虹のかなた 上巻・第一部 船の旅 より

 思い入れの強い登場人物ほど、納得のいく絵に仕上がりません。
 本当は胸ぐらいまであるイラストだったのに削って削ってこんな事に…レスカトールは再度挑戦します。
フィリップ  フィリップ

 フリップは部屋のなかを歩きまわりつづけたが、ときどきアンジェリクにいやな目を向けた。

 ヴェルサイユの恋人 上巻・第二部 フィリップ より

 ヴィジュアル系バンドのようになってしまいました。
 本当はフィリップには金髪のお髭があるんですが…
コラン・パトゥレル  コラン・パトゥレル

 彼はただ生きているばかりか、サルタンに与えられた香料いりのかゆを一杯飲むと、まっすぐ立ち上がったのだ。

 金髪の女奴隷 下巻・第三部 大宦官 より

 コラン好きです。
 金髪を際立たせるのに肌を紫にしてみました。ちょっと映画の”ハルク”みたい…
アンジェリク  アンジェリクの涙

 「全部忘れてしまったわ、話すことなんか何もありませんわ」

 虹のかなた下巻・第一部 船の旅 より

 充実感を感じながらも悲しみに襲われる官能的な大人の女性―…
 ってイメージで描いたのですが、船旅中にしてはふっくらしすぎかも(^^;)



新しいイラスト 古めのイラスト 過去TOP絵 その他 TOPへ